プラネタリアム

長野担の戯言

戸惑いの惑星 お兄ちゃんキャラ大好きマンの考える由利と妹

 由利が廃れている超心理学の研究を続ける理由として一番に挙げたのが妹の応援です。

 妹は音楽関係の仕事をしていて、ただの音の波形が人の心を震わせるのも不思議なことだとして兄の研究にも理解を示していました。 
家族に心配かけたくないと病気のことを伝えずに亡くなった妹のことを由利は「きっと幸せだった」と言っています。 家族思いの優しい妹ちゃんのことを大好きだったことがうかがえます。(主観です)
 
 妹に幸せであってほしいと願っていた由利は、結果的に妹と一緒にいてあげられなかった恋人の存在を知ったら複雑なんじゃないかなあと思いました。
妹自身の意志で離れたとはいえ、その恋人は一般的な幸せを妹に与えられなかったことにならない?って。 しかもその恋人が最近急速に親しくなった三池だと知ったら余計に複雑では?と。
 宛名のない手紙に「幸せ」だったとはっきり書いてあったことは、三池だけでなく由利の心も救ってくれたのかなと思いました。

 また、妹は家族にも恋人にも相手のことを思って「自分がいなくなる未来」を伝えません。 もしかしたらこれも口にしてしまったら運命が決まってしまうというのがあったのかもしれません。 「Change your destiny」という歌が妹の象徴だとすると「次こそ運命を変えよう」っていう歌詞は、自分は死の運命から逃れられなかったけど、みんなは自分の運命変えられると信じてね!ってことかも。

 で、そんな妹が唯一自分の本心を明かしていたのが宛名のない手紙です。宛名はないですがこれは三池宛のものです。愛する人への手紙にだけは本心を書いてるんです。自分で渡せはしなくとも。
 家族にも本当のことを伝えなかった妹が愛する人宛には本心を明かしてたんです。 先ほど、由利は妹の恋人に対して複雑な感情を抱くのでは?と書きましたが、もうこの手紙の前ではお兄ちゃん完敗ですよ。妹に とって三池は特別だったのです。そんな人に出会えて妹はやっぱり「幸せ」だったのです。

 ずっと妹に応援してもらってた由利が、今度は妹のために動くことになります。妹が渡せなかった手紙を受取人に渡すのは、兄である由利です。このお兄ちゃん感たまりませんな!
 妹の本当の心が書かれた手紙(妹自身)を妹の愛する人へ手渡すお兄ちゃん。なんだか花嫁の父みたいでもあります。 ええ、シスコンが大好物です。
そして「お、おにいちゃあああんんん!」って泣きました。 

 その後、由利は妹の応援はなくとも自分の意志で自分の道を選びます。 自分で選ぶというのは自分の本当の心を明かすということ。妹が生前成し遂げられなかったことです。
それをするのがもうマジお兄ちゃん!!